祈り

皆様ご無沙汰しておりました。
あっという間に夏本番となり連日とても猛暑で暑い日々が続いてますが、熱中症などにお気をつけてお過ごしくださいね。


そして、沢山の様々なニュースが飛び込みますが、胸が痛むニュースがあります。
各地での豪雨による影響で土砂災害などで死者や行方不明者といった方々がいるということが、とても悲しいです。 1日も早い復旧、そして行方不明になられている方々が早く早く発見される事を心よりお祈り致します。

今日はお酒や明るい話題ではなくて申し訳ございませんが、書かずにはいられなかったので書かせて頂きました。
それでは、本日は短いブログになりますが、これにて失礼申し上げます。

可愛く美味しい名入れ酒



皆さま、こんにちは!当店で続々と新作のお酒が入荷しておりますのでご紹介させて頂きたいと思います。
今回はオーストラリアで最も売れているワインブランド「ジェイコブス・クリーク」でございます。 こちらのスパーリングは、淡い麦わら色で軽快で爽やかな味わいの「ジェイコブス・クリーク マスカットスパーリング」と淡いピンク色で赤いベリーの味わいでマスカットをメインに使ったロゼスパーリングワインの「ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼスパーリング」 こちら色合いも味わいも素敵な2種類の魅力的なスパーリングでございます。

ジェイコブス・クリークは軽快、爽やかさが特徴的でアルコール度数9度と低めなので大変 軽く爽やかなスパーリングワインで飲みやすくなっております。 マスカットスパーリングはフレッシュで繊細なトロピカルなフルーツのアロマや、洋梨や桃のニュアンスと共にスイカズラの花の微かな香りが感じられます。
味わいは軽快で爽やかなトロピカルなフレーバーが感じられるワインで洋梨のほのかなニュアンスとメロンのニュアンスが組み合わさり、切れの良いフィニッシュへと続くような味わいでございます。

そして、見た目鮮やかなお色が印象的なマスカットロゼスパーリングはフレッシュなラズベリーやストロベリーの香りと共に、洋梨のニュアンスが感じられる香りです。 味わいは赤いベリーの味わいの軽く爽やかな味わいのワインであり、バランスの取れた味わいで、きめ細かい泡立ちと切れの良いフレッシュが心地よい味わいのワインでございます。

どちらもアルコール度数も低めで軽快で爽やかなフレーバーのスパーリングワインですので様々なシーンで活躍しお酒が苦手という方にも贈り物しやすいお酒ですので宜しければ是非ともご検討くださいませ(^ ^)

名入れのジェイコブスクリーク

感動の最高峰



皆様いかがお過ごしでしょうか?
6月は梅雨入りでジメジメしてしまうので過ごしにくいですよね。 そんな梅雨でジメッとした気分もスッキリさせてくれる様な、とびっきり美味しいお酒をご紹介させて頂きたいと思います。 ちなみに当店での人気ランキングで常にランキング入りしておりますお酒です。

淡麗辛口で日本酒のイメージを変えたといわれるほど、美味しい日本酒「久保田 万寿」でございます。 久保田は新潟の朝日酒造が造るお酒で新潟県長岡市にあり、豊かな自然に囲まれ美味しい水で作られる、お米の代表産地と言われる新潟の自然の中で久保田は製造されています。 香り、味ともに蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰酒でして、優しく柔らかな口当たりと調和のとれた旨味で軽めに冷やしても、わずかに温めても美味しく召し上がれ大変存在感を言張いたします。

久保田 万寿は味わいも去ることながら万寿というネーミングもお祝いシーンや贈り物にも相応しく幸せを運んでくれる様で素敵ではないでしょうか(^ ^)
当店で人気の高い「久保田 万寿」ぜひお勧めでございます。 どうぞご検討くださいませ。

名入れの久保田万寿

ジムビームの名入れ酒



今回は名入れ彫刻がとても映え、お好きな方も多いかと思います世界中で愛され続けられているバーボン「ジムビーム」をご紹介させていただきます。
こちらのジムビームですが、テレビCMで一度は目にしてる方もいらっしゃると思いますが、イメージキャラクターにローラさんが出演されてまして、これまでのクールでカッコいいローラさんのイメージはそのままに活気溢れる横丁に登場するエネルギッシュな姿が印象的なCMです。


そして、アメリカ政府の厳しい基準の中、ジムビームはバーボンであるための5つの理由がある。その理由とは何か。
1つはバーボンは原料に51%以上トウモロコシを使用しなければならず、より多くのトウモロコシを使う事で甘くなる。つまりカナディアンウィスキー、スコッチウィスキーはバーボンとは異なる。 2つめは、1964年リンドン・B・ジョンソン大統領の政権下で議会はバーボンを「アメリカ生まれの唯一のスピリッツ」と宣言しバーボンは世界中でアメリカ生まれのウィスキーとして認識されているが、その基礎を築いたのが世界No.1のジムビームであります。

3つめは、バーボンに唯一加えることが許されているもの、それは水である。ウィスキーメーカーのなかには着色したり風味付けを行なっていることもあるがジムビームは、それをするとバーボンと呼べなくなるので一切の着色や風味付けはしていない。

4つめは、法律によりバーボンはチャーした新しいオーク樽にて熟成しなければならない。 5つめは、アメリカ国内で蒸溜し熟成させてないものは、ラベルにバーボンと謳うことはできない。 さらに、ケンタッキー州で蒸溜され少なくとも2年間この地で熟成させない限り、ケンタッキーストレートバーボンと名乗ることは許されない。 そして、1つの家族が7代に渡って作ったものでない限りジムビームとは言えないのだ。

こういった5つのバーボンであるための理由の通りジムビームのバーボン作りはオリジナリティに溢れ1つ1つこだわりの元作られております。 世界120カ国以上で愛され続けられいて、200年以上ビーム家に受け継がれてる歴史深いバーボンを是非オススメ致します。

父の日など男性に向けた贈り物に最適かと思いますのでご検討のほど宜しいお願い致します。(^ ^)

名入れのジムビーム

ヴーヴ・クリコの名入れ酒



お祝いごとに最適で素敵なシャンパンを新着入荷いたしました。 自由なスタイルで悦びが弾けるシャンパン「ヴーヴ・クリコ イエローラベル」でございます。
1772年の創業以来、2世紀以上も変わることなく大胆でスリリングなシャンパーニュであり続けるヴーヴ・クリコ。 常に最先端の感覚をまとい、真のラグジュアリーブランドとして人々を魅了する、そのスタイルはシャンパーニュ地方で今も ラ・グランダム(偉大な女性)と呼ばれるマダム・クリコの「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に導かれています。

1772年 銀行業と織物業を営む家に生まれたフィリップ・クリコは多くのぶどう畑を所有していました。 自社の商品が国境を越えることを誓い、家名を冠したシャンパーニュ・メゾンを設立することを決めました。ヴーヴ・クリコ初の出荷はヴェネツィアに向けたものでした。
1805年 未亡人となったバルブ・ニコル・クリコ・ポンサルダンは、27歳で家業を継ぐことを決意し近代における初の女性実業家のひとりとなりました。

1811年 この年は大豊作となりそれを記念にした素晴らしいヴィンテージ「彗星ヴィンテージ」が作られました。

1816年 マダム・クリコはシャンパーニュを澄んだ美しいものにする為の動瓶台を最初に考案しました。この手法は現在でも使われています。 ヴーヴ・クリコは、その後急激に発展しマダム・クリコはシャンパーニュ界の偉大なる女性として同業者の間で呼ばれるようになりました。

1877年 ヴーヴ・クリコは当時では珍しい黄色のラベルを採用することで、その改革心を示しました。 イエローラベルの商標登録をし、顧客の多くは、このユニークで目を惹くラベルを求め、その後イエローラベルはヴーヴ・クリコの際立った特徴のひとつとなりました。

ヴーヴ・クリコ イエローラベルは1772年以来メゾンのシンボルとなっております。 力強さとフィネスとの間の完璧なバランスその複雑な味わいは、ピノ・ノワールの卓越した存在感からくるものです。 私達の壮大なぶどう畑、そしてスタイルの一貫性を反映しています。
こちらの世界的に有名で最高級かつイエローラベルが特徴的なヴーヴ・クリコを特別なシーンの贈り物にされると活躍されるかと思います。 是非ともヴーヴ・クリコで特別な最良な日を(^ ^)

名入れのヴーヴ・クリコ

バーボンの王道 ワイルドターキー



当店、新着入荷商品の一つ、バーボンと言えば「 ワイルドターキー」をご紹介させて頂きます。 とても知名度の高くラベルが七面鳥で昔から愛飲され続けております。

ワイルドターキーが誕生いたしましたのは、1940年に当時 蒸留所のオーナーであるトーマス・マッカーシー氏が、当時知的なスポーツであったアメリカ原産の鳥「七面鳥」のハンティングに出掛ける際に貯蔵庫から自慢の101プルーフ(アルコール50.5%)のバーボンを持参しました。 七面鳥ハンティング仲間に振る舞ったところ好評を博し、仲間の1人が「ワイルドターキー」と呼び始め、マッカーシー氏はそのユニークなネーミングが気に入り、後にブランド名「ワイルドターキー」として誕生しました。

製造へのこだわりも強く、バーボンには少なくとも51%のトウモロコシを使用することがアメリカの連邦政府で法定化されています。 ワイルドターキーの素材となる穀物の構成比率のレシピは公開されておらず、原材料について蒸留所の最高責任者(マスター・ディスティラー)のジミー・ラッセルは「全てのバーボンの中でトウモロコシの使用量が最も低く、ライ麦と大麦麦芽を多く使用している」と語っています。 ライ麦を多めに使うことで、大胆かつスパイシーな味わいと風味が加わるそうです。

そしてバーボン造りには水が欠かせません。 ケンタッキー州の地盤は主に「ライムストーン」と呼ばれる石灰岩で作られていて、その地下を流れる水は自然にろ過され良質な清水となって湧き出ています。 それはまさにバーボン造りのための水と言っても過言ではありません。

また、アイゼンハワー大統領をはじめ。アメリカの歴代大統領が愛飲していたウィスキーとして有名になり、現在に至ります。 日本でルパン三世の作中にも登場するワイルドターキー本当にバーボン界の王道なのが分かります!

こんな素敵で渋くお洒落なバーボンに名入れを施して、大切な方のお祝いのシーンに贈り物されると喜ばれるのではないしょうか(^ ^)

名入れのワイルドターキー

新たなニューデザイン



当店、新たにデザインが追加いたしましたので、ご紹介させて頂きます。

堂々としていて、見ているだけでパワーがみなぎってくる龍をモチーフにしました登り龍のデザインでございます。 龍には沢山の開運効果があるとされておりまして風水の中でもダントツのパワーを持つ動物とされ、その効果は、健康運・仕事運・出世運・家庭運・人気運・恋愛運・対人運など総合的な開運に力を発揮するスーパーアニマルとされております。

このような開運効果が強い龍のデザインですが、飾っておく場所によって運気を最大限に高めるそうです。 エネルギーの集まるとされる水を意味する北か、玄関や入口を入って右側に置くと良いとされていますので、贈り物をされた方に教えて頂くことを是非オススメ致します。

皆様の笑顔に寄り添っていけます様、これからも素敵なデザインを作って参りますので、これからも宜しくお願い致します。

名入れのボトルデザイン

華やかなフルーティーな芋焼酎



キラッとはなやか がコンセプトでお馴染みの芋焼酎ファンとしては一度は飲んでみたい銘柄「茜霧島」のご紹介でございます。

こちらの霧島酒造の茜霧島は赤霧島につづく第四の霧島と言われています。味わいの違いでいいますど、1番の違いは原材料である芋が茜霧島と赤霧島では違います。 茜霧島の原料は、オレンジ色のタマアカネを使って作られていますが、このタマアカネは収穫量が限られている為に茜霧島の出荷は数量が限定されています。

出荷は1月と6月の年2回となっておりますので年中いただけないお酒となっております。 そして、原料であるタマアカネは高カロテン種のために、お色は鮮やかなオレンジ色。そして、高カロテン種特有の柑橘系の華やかな香りで、とてもフルーティーな味わいでございます。 そのフルーティーな味のため女性に好まれ人気が高いです。

茜霧島は芋焼酎なのに良い意味で全く辛みっぽさがなく、とってもフルーティーで氷の入ったグラスに注ぎ、そこにソーダを注ぐと、まるでチューハイの雰囲気で更に南国の香り豊かで幸せな気分にさせてくれます。 フルーティーでスッキリとした味わいですので、こちらの茜霧島と合うお料理はカルパッチョやマリネといった白ワインと相性のよいものがオススメです。 そして、スイーツとも相性が良いので食前、食中、食後のどのシーンでも楽しめる大変オススメな芋焼酎でございます。

あらゆるお祝いのシーンで活躍されるかと思いますので、フルーティーで飲みやすい茜霧島をどうぞ宜しくお願い致します!(^ ^)

名入れの茜霧島

父の日フェア開催中

今年6月18日は父の日。父に感謝を表す日です。日頃の感謝の気持ちを言葉で伝えるのは なかなか照れ臭く伝えづらいですよね。

皆さまお元気でお過ごしでしょうか? 母の日も終え、来月6月14日は父の日のですね。 そこで当店では、母の日フェアも開催しましたが父の日フェアも開催し只今大変お得なサービスを行っております。

父の日までの特別サービス価格でございますが、当店で人気高い美濃焼き焼酎カップが、なんと50%オフでご提供させていただきたいと思います!

こちらの美濃焼きは、日本一の陶磁器の産地として知られています。 岐阜県の東濃地方(多治見市、土岐市、可児市、土岐群)で生産された器で、丈夫で使いやすく多種多様なデザインで様々なシーンに溶け込みます。

当店の美濃焼きカップは、しっとりとした質感と土物の器で、とても風合い良く、手持ちの良いサイズと重量感があり贈り物にピッタリでございます。 父の日の贈り物に、こちらの高級感溢れる美濃焼き焼酎カップを是非オススメ致します。 カップにも名入れが出来ますので、世界で一つの特別な美濃焼き焼酎カップに仕上がりますので、是非お好きなお酒と合わせまして大切な方に贈り物にいかがでしょう(^ ^)

美濃焼きの名入れ彫刻

名入れの純米大吟醸 梵



今年6月18日は父の日。父に感謝を表す日です。日頃の感謝の気持ちを言葉で伝えるのは なかなか照れ臭く伝えづらいですよね。
そんな時は、お父様が好きなお酒に素敵な名入れをし世界で一つだけのオンリーワンボトルに感謝の想いをのせて贈り物されてはいかがでしょう。

そこで当店では、父の日に相応しいオススメなお酒をピックアップいたしましたのでご紹介させて頂きます。 5月6日に新作入荷のお酒でございます。 3年連続金賞受賞という素晴らしい日本酒「」でございます。こちらの梵は山田錦38%精白の純米吟醸酒で0℃で2年間熟成し吟香高くコシのある味わいが楽しめます。 梵は大吟醸酒の定番の名品でございます。また、全米日本酒歓評会においてゴールドメダルを受賞するなどワールドワイドなお酒で人々を魅了し続けております。

そして、昭和天皇の即位の御大典の儀で使われる日本酒として地方清酒として初めて採用され話題を呼び、その事がきっかけとなり数々の政府主催の式典などに使用され日本だけではなく海外でもその名声をとどろかせてます。またアメリカでの式典にも採用され世界の要人が集まる席で活躍する日本酒に至っております素晴らしい名品でございます。

大切な家族、いつも家族の為に一生懸命働いてくれる父に日頃伝えられない感謝の想いを素敵なお酒の贈り物とともに素敵な父の日を迎えられてはどうでしょう(^ ^)

名入れの純米大吟醸 梵