もうすでに立秋だったとは…新デザイン追加のお知らせ

皆様こんにちは~。
なんとなく酷暑は抜け出したかなと感じるここ関東(埼玉)ですが、暦の上では8月7日よりすでに立秋、つまり秋ということになります。
そんなわけで、今回は、ちょっと早いですが当店で秋にお勧めしたい彫刻デザインをいくつかピックアップしてみました~♪

・お月見
FairyMoon
妖精が月と戯れているようなどこか幻想的なデザイン。秋と言えばお月見。これも一応日付があるそうで9月13日なのだそう。お月見の日に大切な人と空を見上げながらの一杯はいかがでしょうか?

・敬老の日
名入れ焼酎+タンブラー特別価格セット
敬老の日を思い浮かべる人も少なくないと思います。当店では、お酒にお好きなデザインを彫刻し、タンブラーには大切な人の名前を彫刻を施し、特別価格にて提供しております。

・芸術の秋
想いを奏でるピアノ
秋と言えば芸術の秋という人も多いと思います。今にもクラシックが流れてきそうなピアノをモチーフとしたデザインは、芸術の秋にぴったり。絵画やクラシックなど、芸術好きの知人に贈れば喜ばれること間違いなしでしょう。

いかがでしたでしょうか。秋と言ってもイメージは個々それぞれなので、ぜひ、あなたやあなたの周りに合った“秋のデザイン”を探してみてくださいね。
ちなみに90超ある当店のデザインに、また新しいデザインが追加されました。
「ありがとう」という文字が大きく彫刻されたシンプルかつ大胆なもの。大切な人に最大の感謝の気持ちを。

「ありがとう」

車は安全運転さえ守ればとても便利な乗り物です。

昨今、「煽り運転」という言葉がメディアを賑わせ、
車に乗らない人にとっては、
まるで自動車が危険な乗り物のようなイメージすら持ってしまっているのではないでしょうか。
しかし、自動車は、ルールさえきちんと守ってさえいれば、とても便利な乗り物です。
とりわけ、この暑い夏は、クーラーをガンガンに効かせ、どこまででも行けるので、筆者自身も自動車はもはや生活の一部と化しています。
とくに車種に頓着はないのですが、車好きの人は、車種はもちろん、装備や燃費など、色々とこだわりのある人も多いと思います。
そんな車好きの人にとっておすすめしたいデザインが、「スタイリッシュなクルマ)」です。
火花が散りそうなドリフトをするスタイリッシュなスポーツカー。
ウィスキーなどに彫刻を施せば、ワイルドでかっこよく仕上がるのではないでしょうか。
日ごろお世話になっている車好きの知人などにいかがでしょうか。
繰り返しになりますが、自動車の運転は、人のそれに左右されず、自分自身でルールを守り、走らせれば、とても便利な乗り物です。
お盆で自動車を使用されている方も少なくないと思いますが、ぜひ安全運転で行ってらっしゃいませ(^^)

スタイリッシュなクルマ

通常営業再開のお知らせ

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
当店では8月10日~12日まで、夏季休暇を頂戴しておりましたが、
通常営業を再開したことをお知らせいたします。
優勝トロフィーを思わせるような「アワード調デザイン」や、
音楽好きにはたまらな「想いを奏でるピアノ 」、
さらに妖精が月と戯れているかのような幻想的な「【スワロフスキー】FairyMoon」など、
多様なジャンル、種類のデザインを90超、ご用意しております。
また、現在、当店では、敬老の日向けに、お好きなデザインの名入れ酒+お名前を彫刻したタンブラーのキャンペーンを行っております。
いずれにしても大切の幸せを願い、心を込めて彫刻させていただきますので、
引き続き、当店をご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

名入れ焼酎+タンブラー特別価格セット

夏季休暇のお知らせ

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、
当店では、8月10~12日にかけて、夏季休暇を頂戴いたします。
営業再開は13日(火)からとなりますが、休暇中もお電話にてのご注文は受け付けております(お急ぎ便等の発送業務は受け付けかねます)。
13日より通常営業となり、お急ぎ便にももちろん対応いたしますので、
引き続き当店をご愛顧のほど、
何卒、宜しくお願い申し上げます。

大黒屋酒店

「次の目標は東京五輪の金」渋野選手優勝おめでとうございます!

初の海外遠征で、女子メジャー選手権の一つ「全英女子オープン」でいきなり初優勝を果たした渋野日向子さん。日々メディアを賑わせておりますが、すでに目標は“東京五輪での金メダル”。目標は高く、と言いますが、まさしくそんな向上心の高さが彼女の強さであり、武器であることは確実に言えることでしょう。
優勝カップの授与の際、優勝カップに軽くキスをしたことも印象的ですが、弊店でも、「アワード調デザイン」として、優勝カップをモチーフとしたデザインもございます。トロフィー調のデザインはなかなか見かけないのではないでしょうか。
さらなる高みを目指す方、昇進のお祝い、何かを成し遂げた方などへの贈り物として最適なデザインとなってございます。
大胆かつシンプルなデザインは多くの方に喜ばれることでしょう。
ぜひご検討ください。
ちなみに筆者は、渋野選手がコンペティション中に歩きながら食べていたチータラのような食べ物、すぐに、駄菓子の「タラタラしてんじゃねーよ」だとわかりました。
筆者も好物なので、変なところで親近感がわいてしまいました(笑)

アワード調デザイン No.032

 

送料無料へ変更のお知らせ

いつも弊店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度は、2019年の増税に合わせ、販売価格の仕組みを改定する運びとなりました。
弊店ではこれまで、販売価格を、
税込+送料
としていましたが、このたび、販売価格を、
税別+送料無料
上記に変更させていただくことをご報告申し上げます。
例えば、弊店でも大変人気な商品「モエ・エ・シャンドン モエシャンドン」を九州のお客様からのご注文を例にとってみたいと思います。
これまでは、
9420円(税込み)+送料(九州の場合は1,339円)=10,759円
となっていました。今後は、同状況の場合は、
9074円(税別のため、9800円)+送料なし=9800円
と、約1000円も合計金額に違いがあり、とりわけ遠方の方にも大変ご注文いただきやすい仕組みとなっていますが、いずれにしても後者のほうがどこにお住いのお客様でも、よりお得にご利用いただける仕組みとなってございます。
また、ご存知の方も多いかと思いますが、今年10月から消費税が10%にアップする予定です。増税の分、お客様にも喜んでいただけるサービスをたくさん考えてまいりますので、引き続き、大黒屋酒店をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

敬老の日に名入れ酒+タンブラーのプレゼントはいかがですか?

皆様こんにちは~!
暑い日が続きますが、約一か月後、9月16日(月)は敬老の日です。
ご祖父母はもちろんのこと、日ごろお世話になっているご年配の方に、
贈り物として名入れ酒はいかがでしょうか。
弊店、大黒屋酒店では、敬老の日向けにキャンペーンを開始いたしました。
しそ、いも、そして麦の風味香る個性豊かな三種のお酒(それぞれ、鍛高譚、黒霧島、二階堂)、タンブラー二点(一点も可)に、それぞれ名入れを施して、
ご提供いたします。
お酒には、90種超の多様な種類のデザインからお選びいただけ、タンブラーにはお世話になっている方のお名前を彫刻させていただきます。
お洋服や家電、食べ物などが贈り物として浮かびがちですが、
お酒がお好きな方にとっては、お喜びいただけること間違いなしの贈り物と言えます。
好きなメッセージを彫刻できますので、
日ごろ照れくさくて言えない感謝の言葉などを添えて、
プレゼントしてみてはいかがでしょうか。
ご興味のあるかたは、下記リンクをご覧くださいませ。

名入れ焼酎+タンブラー特別価格セット

お盆のお供え物は故人様が愛したお酒はいかが?

今年のお盆は一般的に8月13日~8月15日と言われております。
普段は帰省することが少ない方でも、お盆は帰省するという方も少なくないのではないでしょうか。
故人さま、ご先祖さまへのお供え物をする方も多くいらっしゃると思います。
お菓子や果物、缶詰などをお供え物によく選ばれるようですが、
個人さまがご生前ご愛飲なされた銘柄のお酒に名入れを施した、
弊社の名入れ酒はいかがでしょうか。
トロッした甘味が特徴の霧島、しそのきりっとした味わいに深みのある鍛高譚、麦焼酎が好きな方ならだれもが知る二階堂、あるいは、多様な洋酒に至るまで、弊社では様々なお酒に90超のデザインからお客様のお好きな文言を入れた名入れ酒を彫刻いたします。
少しでもご興味があれば、今年のお盆のお供え物はもちろん、今後大切な人への贈り物としても、お客様の“笑顔”に少しでも貢献できれば幸いです。

その他の彫刻デザイン

モーツァルト音楽が良質な睡眠にいざなってくれる理由

皆様こんにちは~。
突然ですが、クラシック音楽に明るくない方でも、
モーツァルトという作曲家の名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
近年では、モーツァルトの音楽で病気を治療しようという「モーツァルト療法」なるものが存在したり、あるいは、聞くことで良質な熟睡を得られると聞いたことがある人も多いと思います。
およそ3500ヘルツ以上の高い音が小川のせせらぎのようなゆらぎという音の特性とともに、
バランスよく含まれており、一定のリズムが特徴のモーツァルトの音楽は、
睡眠の専門医が推奨するほど、数々の“睡眠名曲”が多いです。
今日(7月25日)は、そんなモーツァルトの全楽曲の中でも、もっとも有名な「交響曲40番」を完成させた日です。
そんなモーツァルトを感じさせるデザインの彫刻も、弊社では承っております。
ピアノの優雅な旋律が聞こえてきそうな鍵盤を基調としたデザイン。
寝苦しい暑い夜に、モーツアルトを聴きながら本デザインが施されたお酒のグラスを傾ければ、
気づいたら夢の中かも?

想いを奏でるピアノ No.067

一升瓶ってよく聞くけどどんな瓶のことを一升瓶っていうの?

皆様こんにちは~。
ここ関東では雨が続き、梅雨明け間近? というニュースも出始めていますが、まるで梅雨が明けたかのようなこの暑さ。いや、梅雨が明けたらこれどころでは済まないか。
ところで、こう暑いと、冷やしたグラスでの晩酌が楽しみな人も多いのではないでしょうか。
ということで、突然ですが、一升瓶ってどんな瓶のことかご存じですか?
少し大きめのお酒の入った瓶…と、なんとなくのイメージがある人はいるかとは思いますが、具体的な量やサイズといったところまではわかる人はそう多くないと思います。
一升瓶(いっしょうびん)とは、日本で用いられている液体専用のガラス製容器(瓶)で、容量は1800ミリリットル±15ミリリットルである。(Wikipediaより)
もっと具体定期に言えば、高さ=395±1.9 mm、底部直径=105.3±2.5 mm、 上部直径=30±0.3 mm、 最小肉厚 1.7 mm、容量=1800 ±15 mL、参考質量 950 g
なんだとか。
イメージとしては、ペットボトルをガラスにしてもう少し高さをつけたような感じでしょうか。
そんな一升瓶のなかでも、30年の歴史を持ち、絶大な人気を誇る新潟県の地酒、「久保田 万寿」の一升瓶のお取り扱いを開始しました。
東の横綱と言われるほどの酒造好適米「五百万石」を原料米に使い、熟練の蔵人によって速醸仕込みと山廃仕込みを絶妙にブレンドした同酒は、端麗辛口ながら、飲み口はすっきりしており、どこか華やかさすら感じ、どんな食べ物にもよく合います。
お酒同様、瓶にもこだわりを感じるさらさらとした手触りに、ゴールドやシルバーで彫刻を施せば、とても豪奢で高級感を感じるものに仕上がります。
どんな年齢層にも人気のあるお酒なので、ご父母への感謝・お祝い、上司への昇進祝い、大切な人への誕生日祝いなど、多様な場面でのプレゼントでも喜ばれることは間違いないでしょう。

参考:一升瓶(Wikipedeia)

蔵人が絶妙に仕上げた最高峰 久保田 萬寿 一升瓶