冷え性に良いお酒の飲み方

これから段々と気温が下がり寒くなっていく一方ですね〜
私自身もそうですが、冷え性に悩まされてる方も多いのではないでしょうか?

ヒートテックなどを着て対策もいいと思いますが内側からの対策も良いですよ〜
はたまた、お酒に纏わる話題ですが、お酒は「飲みすぎない」、「温めて飲む」が体を冷やさない飲酒の2大ルールだそうです。
有名な所で梅酒は体を温め胃腸の働きを活発にする効果がありますし、ショウガ焼酎にしたり、ウォッカに唐辛子を入れた「ペルツォフカ」や、ウィスキーをホットコーヒーで割り生クリームを添えた「アイリッシュコーヒー」など工夫一つで様々な美味しいお酒を楽しめることがありますね(^ ^)

しかし、お酒には温める効果もありますが、やはり適量で程々にしないと逆に冷えを増長させてしまうようなので飲み過ぎには注意ですよ!

私自身、極度の冷え性なので時より日本酒を眠る少し前にコップの三分の一程度入れてレンジでチンをして即席熱燗にして飲んだりしてまして体が温まっていいですよ〜
日本酒には血流を良くしますし、アミノ酸が含まれいるそうで美肌効果もあるそうなので一石二鳥…いや三鳥くらいの勢いで個人的ですがオススメですよ〜

「酒は百薬の長」とは、こういう事ですよね(^ ^)

ビール

しそパワー

前回の鍛高譚シソ焼酎からの流れでシソの魅力をご紹介したいと思います。

まず、シソの由来ですが、「紫蘇」という名が付いたのは中国で食中毒死にかけていた若者にシソの葉を煎じて飲ませた所たちまち元気になったことから、「紫の蘇る草」の意味で紫蘇と呼ぶようになったという逸話があるそうですよ!

この由来にもあるようにシソパワー本当に凄いんです!
ビタミンB1・B2・B6などなどの栄養素は満点ですし、防腐・抗菌作用や胃を健康にする健胃作用や花粉症などのアレルギーを穏和する他、血液をサラサラにしたり貧血防止にも効果があるそうです。
恐るべし紫蘇の能力ですよね!

そんな紫蘇を使った簡単おつまみレシピをご紹介したいと思います。
今回ご紹介するのは、はんぺんの大葉焼きです(^ ^)

(材料)4個分 大葉3枚・片栗粉 小さじ1・ポン酢 小さじ1・塩コショウ 少々・はんぺん1枚

(作り方)
1 大葉を縦半分の細切りにしてボウルに入れ片栗粉、ポン酢、塩コショウを加え、はんぺんを握り潰すようによくまぜ1センチ程の厚さで丸く整える

2 フライパンに油をひき熱し、両面を焼いたらポン酢を少々かけて出来上がりです。

紫蘇をタップリ入れて紫蘇パワー満点の簡単おつまみで今夜も幸せなひと時をすごしてはいかがでしょうか(^ ^)



鍛高譚の名入れ酒

秋の夜長の楽しみに

皆さん秋の夜長は、やっぱり美味しいお酒と美味しいおつまみで癒しのひと時を過ごすのはいかがでしょうか(^ ^)

今回オススメしたいお酒は私自身も好きなお酒のひとつの鍛高譚という2016年モンドセレクション金賞受賞のシソ焼酎です!
ちなみに、鍛高譚にはシソ焼酎と梅酒の2種類ありまして、おふたつとも本当にシソの風味豊かな味わいで、とても美味しいんです(^ ^)

そして、鍛高譚から新たに赤シソを5倍以上使用し赤シソの華やかなアロマと天然のルビー色が特徴のドライな味わいの鍛高譚R(アール)と鍛高譚Rをよりカジュアルに楽しめるピンク色が特徴で、ほんのり甘口なスパークリング鍛高譚Rスパークリングがシリーズに仲間入りしまして、女子会やパーティーシーンなどでばっちりなお酒かと思います。

当店では、まだ鍛高譚のみでございますが
来月には取り扱っていこうと思っております。
贈り物にオススメですよ〜(^ ^)



鍛高譚の名入れ酒

無限シリーズ

秋といえば、ご飯が美味しい季節ですよね(^^)
テレビやネットなどで話題になっている無限に食べれてしまう程おいしいオカズという無限ピーマンを皆さんご存知ですか?とても簡単ですし肝心の味もいいんです!

材料はピーマンとツナ缶だけで、調味料はゴマ油、鶏ガラスープの素、塩コショウ 各適量です。
作り方はピーマンをお好みの厚さに輪切りにし、シーチキンは油を切っておきます。
あれば耐熱ボウルを用意し、なければお皿で大丈夫です。容器にピーマン、シーチキン、調味料を入れまぜて電子レンジで3分加熱すれば出来上がり簡単ヘルシーオカズの完成です!

ピーマンが苦手という方は人参や茄子など
色々な野菜で代用でき無限シリーズが沢山できますよ~

ご飯のオカズだけじゃなく、お酒のお供にもオススメです!
11月17日には、心待ちにしている方も多いボジョレー・ヌーヴォーも解禁で 当店でも販売予定でございます^^。
簡単ヘルシーおつまみと堪能されてはいかがでしょうか(^^)