女の子の節句



3月3日は雛祭りですね。女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。ひいな遊びともいわれ、雛人形を飾り、桃の花を飾って白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭りで、ひなあられや菱餅を供えたり、女の子の成長を祈るために行なわれる行事として知られています。
そしてまた、雛人形は子供にふりかかる厄(よくないこと)を身代わりに受けてくれるとされています。

行事でお供えしたり、食べる者にも一つ一つ意味合いがあります。
一つ目は、ひなあられ ですがピンク、緑、黄、白の4色で、それぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「一年中 娘が幸せに過ごせるように」という願いも込められています。

二つ目ですが、菱餅です。こちらも色に意味合いがありまして、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味すると言われています。

三つ目は、ハマグリのお吸い物ですが、ハマグリの貝殻は対になっている貝殻でなければピッタリと合いません。 このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。 四つ目は、ちらし寿司です。ちらし寿司の中の具に意味合いがあり、エビ(長生き)れんこん(見通しがきく)豆(健康でまめに働ける)など縁起の良い具がお祝いの席に相応しいとされています。
最後に白酒ですが、元々は桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。 桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすとされています。

当店には白酒はございませんが、様々なお酒を取り揃えておりますので素敵な名入れを施して、女の子の節句ひな祭りを更に彩どられてはいかがでしょうか? 素敵なお祝いの日をオリジナル溢れるお酒と共に(^ ^)

黒霧島の名入れ彫刻



前回、季節限定の幻の焼酎「赤霧島」をご紹介させて頂きましたところ大変反響がありましたので、今回は当店でランキング入りされてます大人気の芋焼酎がございますので、ご紹介させて頂きたいと思います。

トロッとキリッとでお馴染みの本格芋焼酎「黒霧島」でございます。 赤霧島と同じ霧島酒造さんの芋焼酎でして、黒霧島は大正5年、霧島酒造創業者・江夏 吉助によって初蔵出しされた焼酎は黒麹仕込みであり、霧島酒造の歴史は黒麹の焼酎で幕を開けたのです。

創業当時の黒麹仕込みの味わいを最新鋭の設備と当時独自の仕込みで再現した「黒霧島」。 黒麹の醸す、うまさはトロリとした甘み、キリッとした後切れにあり、霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統と卓越した技術からこの美味さは作られているのです。

また、黒霧島は原料である南九州の広大な芋畑で栽培したサツマイモ「黄金千貫」と仕込み水や割り水に使っているのが、南九州・都城盆地の地下150mにある巨大な水かめから湧き出る「霧島裂罅水」適度にミネラルと炭酸ガスを含み、焼酎作りに大敵である鉄分をほどんど含まず酵母菌の発酵に最適な育成条件を備えています。
本格芋焼酎「黒霧島」は、この「霧島裂罅水」と「黄金千貫」という、ふたつの宝によって生まれたのです。

そして、この「黒霧島」のオススメの飲み方ですが、黒麹仕込み由来のトロリとした甘み、スッキリとした後切れの良さを持ち、香りに癖がなく非常に飲みやすい黒霧島は、カチ割り氷をグラスいっぱいに入れ焼酎を注ぎ、ゆっくりかき混ぜます。 ヒンヤリと喉ごしと、ほのかな香り、そして本格芋焼酎「黒霧島」はトロッとキリッと味わえますのでオンザロックで飲まれるのがオススメでございます。
当店でも大人気の本格芋焼酎ですので大切な方への贈り物に最適かと思いますので是非ご検討のほど宜しくお願い致します(^ ^)

黒霧島の彫刻

エレタット エル パドルエルブリュット



本日のバレンタインデーの準備はそろそろお済みですか? バレンタインには甘いチョコレートと辛口のスパーリングワインの組み合わせなんていかがでしょうか?(^ ^)

当店で扱っておりまして当店のランキング入りもしてます辛口CAVA自慢の一品「エド タッドエル パドリエル ブリュット」というシャンパーニュと同じ土俵を持つペネデスで瓶内二次発酵方式で作ります、スペインを代表するスパーリングワイン。
地中海を望むスペイン・カタルーニャ地方ペネデスの地で造られるシャンパーニュと同じ方法で製造される高級(カヴァ)でございます!

カバの製造元である、ガリシア、カリオン社はペネデスで歴史があり、ロバート・パーカー氏やワインスペクテイター、インターナショナルワインセラーも惚れ込んだ一品でございます。

美しいワインのフォルムからは優しいキメ細やかな泡が垂直に絶え間なく続き見た目にも優雅さを味わえます。

こんな辛口白ワインと共に甘いチョコレートで意中の相手や大切に想っている方に名入れでより一層オリジナリティを出し心のこもったプレゼントなどしてはいかがでしょうか?(^ ^)

スパークリングワインのプレゼント

【季節限定】幻の焼酎 赤霧島



いよいよ当店にも季節限定品ではございますがファンの方も多い「幻の焼酎 赤霧島」が入荷致しましたので、なぜ幻と呼ばれているのかなど赤霧島の魅力をご紹介させて頂きたいと思います。

まず、このお酒が置いてあるお店は焼酎がわかっている店主がいると言われるほどの芋焼酎の名酒「赤霧島」 今でこそ一升瓶の販売が始まり出荷量も安定してまいりましたが、赤霧島が初めて発売された2003年当時は決してそうでありませんでした。
原料のサツマイモである「ムラサキマサリ」は2001年に品種登録されたもので生産量も少なく原料の確保に限界がありました。

2003年に発売されて現在に至るまで、春・秋の年2回の販売スタイルをとっており、赤霧島ファンにとっては年に2回しか発売されない希少価値が高い芋焼酎という認識があり大変人気高い芋焼酎でございます。


また、幻と言われる由縁は幻の紫芋「ムラサキマサリ」が原料でして、昭和の終わり鹿児島県の山川町で新たな芋「山川紫」が偶然発見され、この山川紫の特徴は中心部まで濃い紫色の色素が入り込んでいる点です。 芋類研究の権威である山川理農学博士でさえも、この様な性質を持つ芋は見たことがなく、詳しく調べてみると漁師が大海原の彼方から持ち込んだと言われていますが、どこから来たのかも今も謎でして、この不思議な山川紫から数々の新品種が開発され、その中でも最も吟蔵特性が高かった芋が赤霧島の原料ムラサキマサリ(紫優)なのです。

霧島酒造が新たな味わいを求め続け、ついに手にすることが出来た芋は、まさに幻の紫芋と言えると共に幻のムラサキマサリと出会えたことで唯一無二の味酒(うまさけ)となりました。 その味わいは風雅な甘みと気高い香りを持ち、ムラサキマサリの紫はポリフェノールの一種でして、この紫色素は麹の酸により燃えるような赤色に変化します。
麹が造るクエン酸とムラサキマサリの出会いが作るもろみの赤。それこそ「赤霧島」のシンボルの赤でございます。

ボトルも高級感に溢れ上品な赤色ですので名入れをする際には赤を引き立たせるゴールドをオススメ致します!
お客様により一層、赤霧島の魅力をお伝えしたい一心で長文になり申し訳ございません…。
最後まで読んで頂けたら幸いです。

是非、年に2度しか味わえない幻の芋焼酎ですので特別なシーンでお役立ち出来ればと思います(^ ^)

赤霧島のプレゼント