黒霧島の名入れ彫刻



前回、季節限定の幻の焼酎「赤霧島」をご紹介させて頂きましたところ大変反響がありましたので、今回は当店でランキング入りされてます大人気の芋焼酎がございますので、ご紹介させて頂きたいと思います。

トロッとキリッとでお馴染みの本格芋焼酎「黒霧島」でございます。 赤霧島と同じ霧島酒造さんの芋焼酎でして、黒霧島は大正5年、霧島酒造創業者・江夏 吉助によって初蔵出しされた焼酎は黒麹仕込みであり、霧島酒造の歴史は黒麹の焼酎で幕を開けたのです。

創業当時の黒麹仕込みの味わいを最新鋭の設備と当時独自の仕込みで再現した「黒霧島」。 黒麹の醸す、うまさはトロリとした甘み、キリッとした後切れにあり、霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統と卓越した技術からこの美味さは作られているのです。

また、黒霧島は原料である南九州の広大な芋畑で作られたサツマイモ「黄金千貫」と仕込み水や割り水に使っているのが、南九州・都城盆地の地下にある水かめから湧き出る「霧島裂罅水」適度にミネラルと炭酸ガスを含み、焼酎作りに大敵である鉄分をほどんど含まず酵母菌の発酵に最適な育成条件を備えています。
本格芋焼酎「黒霧島」は、この「霧島裂罅水」と「黄金千貫」という、ふたつの宝によって生まれたのです。

そして、この「黒霧島」のオススメの飲み方ですが、黒麹仕込み由来のトロリとした甘み、スッキリとした後切れの良さを持ち、香りに癖がなく非常に飲みやすい黒霧島は、カチ割り氷をグラスいっぱいに入れ焼酎を注ぎ、ゆっくりかき混ぜます。 ヒンヤリと喉ごしと、ほのかな香り、そして本格芋焼酎「黒霧島」はトロッとキリッと味わえますのでオンザロックで飲まれるのがオススメでございます。
当店でも大人気の本格芋焼酎ですので大切な方への贈り物に最適かと思いますので是非ご検討のほど宜しくお願い致します(^ ^)

黒霧島の彫刻