女の子の節句



3月3日は雛祭りですね。女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。ひいな遊びともいわれ、雛人形を飾り、桃の花を飾って白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭りで、ひなあられや菱餅を供えたり、女の子の成長を祈るために行なわれる行事として知られています。
そしてまた、雛人形は子供にふりかかる厄(よくないこと)を身代わりに受けてくれるとされています。

行事でお供えしたり、食べる者にも一つ一つ意味合いがあります。
一つ目は、ひなあられ ですがピンク、緑、黄、白の4色で、それぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「一年中 娘が幸せに過ごせるように」という願いも込められています。

二つ目ですが、菱餅です。こちらも色に意味合いがありまして、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味すると言われています。

三つ目は、ハマグリのお吸い物ですが、ハマグリの貝殻は対になっている貝殻でなければピッタリと合いません。 このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。 四つ目は、ちらし寿司です。ちらし寿司の中の具に意味合いがあり、エビ(長生き)れんこん(見通しがきく)豆(健康でまめに働ける)など縁起の良い具がお祝いの席に相応しいとされています。
最後に白酒ですが、元々は桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。 桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすとされています。

当店には白酒はございませんが、様々なお酒を取り揃えておりますので素敵な名入れを施して、女の子の節句ひな祭りを更に彩どられてはいかがでしょうか? 素敵なお祝いの日をオリジナル溢れるお酒と共に(^ ^)